強制わいせつ事件の不起訴事例

2018-11-14

弊所の弁護士が担当した強制わいせつ被疑事件で、依頼者の方が不起訴となりました。
依頼者はわいせつ行為自体はしていないものの、その場にいたことから共犯者であると疑われていました。
弊所の弁護士が依頼を受けて、現場の防犯ビデオを調べる等し、争うべきところを争い、検察官とも交渉して、最終的に不起訴となりました。

逮捕されて仕事を失いたくない、という気持ちから、やってもいないことを認めてしまおうとされる方もいらっしゃいます。
ただ、その結果、結局は刑事裁判になり、前科となるということもあります。

弊所の弁護士は、否認事件の刑事弁護の経験を多数有しています。
依頼者の方には、経験に基づき具体的な見立てをお伝えし、どの時点でどうするべきかを具体的にアドバイスさせていただくようにしています。

ご自身やご家族が身に覚えのない事件で疑われているという方、強制わいせつで疑われているという方、東京ディフェンダー法律事務所までご相談ください。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.