第二東京弁護士会新人研修講師

2020-02-22

第二東京弁護士会では、毎年、1年目の新人弁護士向けに刑事弁護の基本を教える研修を実施しています。
研修は少人数のゼミ形式で、事例をもとに逮捕直後から裁判までの一通りの弁護活動の基本を検討します。
今回、久保有希子弁護士が捜査のゼミの講師を担当しました。
新人弁護士であっても、国選弁護人になればいきなり一人で弁護活動を行うことになります。
依頼者の方の人生がかかっている以上「新人だから」という言い訳はできません。
各弁護士会では、適切な弁護活動ができるよう新人弁護士に上記研修の受講を義務付けています。

当事務所は、今後も、刑事弁護の最先端を担っていく法律事務所として、後進の育成に尽力いたします。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.