裁判員裁判 弁護人から提出する証拠内容

2019-06-26

裁判員裁判においては,裁判官と一緒に一般市民から選ばれた裁判員が,法廷において取り調べられた証拠や,証人,被告人本人の証言内容を聞いて,有罪無罪を判断し,有罪の場合は刑の重さを判断します。
裁判員は一般市民から選ばれて参加しているため,取り調べられた証拠や法廷での証言内容について,各自が自宅に持ち帰って内容を確認して検討することは全く予定されていません。

このため,どんなに重要な証拠であったとしても,法廷において,弁護人からの説明内容が裁判員に分かりづらく,理解できない内容のものとなってしまったら,裁判員に重視してもらえない結果となりかねません。

弁護人から提出する証拠内容は,刑事裁判の経験がない一般市民の裁判員にとって,法廷において聞いて理解できる内容であることが必要です。
そのためには,元々の証拠内容を,必要十分な内容にまとめたり,抜粋して整理するなどの検討です。
そして,その内容の伝え方についても,法廷のモニター画面に証拠内容やその説明を映すなどして,証拠内容を分かりやすく伝える工夫が必要です。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.