逮捕されて受ける捜査

2018-11-19

犯罪を犯したことを疑われて逮捕された場合,警察・検察からの取調べを受けることになります。
取調べで話した内容について供述調書が作成されます。また取調べでのやりとり自体を録音録画される可能性があります。
逮捕されて受ける捜査は,こうした取調べだけではありません。

警察車両に乗って犯行現場や関係先の場所,その場での行動等について警察官に説明を求められ,写真撮影等が行われることがあります。引き当たり捜査と呼ばれる捜査です。
また,警察署内などで犯行現場を再現した場所において,犯行状況や自身や被害者の行動などの説明や再現を求められ,写真撮影等が行われることがあります。犯行再現と呼ばれる捜査です。

取調室においても,警察・検察からの取調べを受けて供述調書が作成されるだけではありません。
自分自身で犯行状況や経緯,他の余罪の内容などについて,文章に書くよう求められたり,図を書くよう求められたりもします。

こうして作成される書類は全て犯罪を立証する証拠となるものです。
不確かであったり不正確であったりしても,自分で作成に応じた内容について,後から裁判でその証拠能力を争うことは困難です。
取調べやその他の捜査に対してどのように対応すべきか,弁護士から適切な助言を受けることが重要です。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.