書籍『刑事何森 孤高の相貌』のご紹介

2020-09-30

当事務所の久保有希子弁護士が協力させていただいている『刑事何森 孤高の相貌』を紹介させていただきます。

著者は丸山正樹さんで、東京創元社から出版されている書籍です。

デフ・ヴォイスシリーズの『デフ・ヴォイス』『龍の耳を君に デフ・ヴォイス新章』『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』に続く第4弾です。

元のシリーズは、手話通訳士である主人公が、聴覚障害を有する被疑者の方等と接する中で事件の核心に迫るというミステリー小説ですが、今回はその中の登場人物である何森刑事のスピンオフ作品です。

以下の3つの物語が掲載されていますが、いずれも本格的なミステリーです。

「二階の死体」:車いす利用者の女性宅で起こった殺人事件
「灰色でなく」:供述弱者である被疑者の自白をテーマとした事件
「ロスト」:記憶を失ったまま服役していた強盗犯の仮釈放後の事件

ぜひご一読ください。

Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.