刑事弁護コラム

少年が逮捕された 身体拘束を争う弁護活動

2020-07-08

未成年の少年が刑事事件を犯したことを疑われて逮捕された場合,成人と同様の捜査手続を受けることになります。
逮捕の後,さらに最大20日間の勾留という身体拘束を受けて取調べ等の捜査を受ける可能性があります。 続きを読む…

東京弁護士会・法廷技術研修

2020-07-07

 弁護士赤木竜太郎が7月7日に実施された,東京弁護士会主催の弁護士向け法廷弁護技術研修で,講師の一人をつとめました。 続きを読む…

在宅事件 早めのご相談を

2020-07-04

当事務所では,逮捕されないままで取調べが続く事件―在宅の刑事事件のご相談も多く承っております。 続きを読む…

道路交通法の改正-あおり運転

2020-07-03

 道路交通法が改正され,あおり運転の処罰が明確しました。2020年6月30日から施行されています。 続きを読む…

国選弁護人を変更できるか

2020-07-01

国選弁護人は,裁判所がご本人の弁護士を選任します。ご本人が国選弁護人に選任される弁護士を選ぶことは,できない運用になっています。
また,裁判所が国選弁護人に選任した弁護士を,ご本人が解任したり,国選弁護士として別の弁護士に変更することはできません。
裁判所が,一度,国選弁護人に選任した弁護士をご本人の求めで解任したり,変更したりするのは認められないのが原則です。 続きを読む…

取調べ中,警察署で電話は使えるか

2020-06-27

逮捕されないまま,警察に出頭して取調べを受けるという事件があります。このような事件を「在宅事件」と言います。 続きを読む…

強盗罪が成立する暴行・脅迫

2020-06-24

強盗罪は,暴行・脅迫を用いて他人の金品を奪う犯罪です。
法律で定められている刑は懲役5年以上の有期懲役です。
前科前歴がない場合や被害金額が大きいとは言えない場合であっても,実刑判決を覚悟しなければならない重い罪といえます。 続きを読む…

刑事弁護人の役割

2020-06-21

刑事弁護人の役割は、「依頼者の利益を守ること」です。 続きを読む…

秘密を守ります

2020-06-20

弊所で相談を受ける事件の中には、報道機関が注目するケースが多数あります。 続きを読む…

関東地方以外からの控訴審のご相談

2020-06-20

我々東京ディフェンダー法律事務所では,第一審の判決が出た後,控訴審からのご相談も承っております。 続きを読む…

« 過去のコラム
Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.