刑事弁護コラム

東京大学での講義

2019-07-15

先日、弊所の久保有希子弁護士が、東京大学の授業の中の1コマで、刑事弁護について話をさせていただく機会をいただきました。 続きを読む…

321条3項書面

2019-07-12

 刑事裁判を見ていると,法廷で検察官が,321条3項の書面として請求します,というような場面があります。 続きを読む…

必要性・関連性のない証拠を採用させない弁護活動

2019-07-10

刑事裁判においては,何でも証拠として取り調べられるというものではありません。
内容自体は間違いない証拠といえるであっても,不必要な証拠や判断に不当な影響を与えるなど関連性がない証拠は,証拠として採用させないようすべきです。 続きを読む…

「黙秘した理由」に関する尋問

2019-07-09

捜査段階の取調べで,黙秘権を行使する―取調官からの質問に答えない,ということは,被疑者の当然の権利です。そして,黙秘が権利である以上,黙秘権を行使したことを不利益に扱うことは許されないと解されています。 続きを読む…

解剖医の意見とセカンドオピニオン

2019-07-07

 人が亡くなっている事件では,遺体の司法解剖が行われます。 続きを読む…

法医学が問題となる事件

2019-07-06

 法医学とは,広くは裁判の場で問題になる医学の分野一般をさします。 続きを読む…

控訴審における事実取調べ請求

2019-07-05

第1審の裁判に不服があり,控訴申立をすると,高等裁判所による控訴審による審理となります。 続きを読む…

少年が逮捕された場合の弁護活動

2019-07-03

少年が刑事事件を犯したことを疑われて逮捕された場合,成人の刑事事件の場合と基本的に同様に身体拘束を受け,取調べ等の捜査を受けることになります。
身体拘束は,逮捕の後,さらに勾留されて最大20日間の身体拘束が続いて,取調べ等の捜査を受ける可能性があります。 続きを読む…

元検察官だと有利になるのか

2019-06-30

「他の事務所で元検察官の方を選任した方が不起訴になりやすいとアドバイスされました」 続きを読む…

証人は嘘をつく

2019-06-29

裁判は証拠に基づいて行われます。
人の話、つまり「証人」も重要な証拠になります。たとえば「あの人から殴られた」という「被害者」の証言や、「あの人が殴っているのを見た」という「目撃者」の証言等です。

しかし、証人は思い違いをすることもあります。つまり、意図せず嘘をついてしまうことがあります。あるいは、様々な理由から堂々と嘘をつく証人もいます。
そうした虚偽の証言により、安易に有罪とされたらおそろしいことだと思います。

証人の証言が信用できるかを判断するにあたっては、客観的な証拠と矛盾する点がないか、不自然な点がないか、他の人との食い違いがないか、見間違えをするような状況がないか、嘘をつく理由がないか等、様々な点を、慎重に検討する必要があります。

裁判員に選ばれた方は、法廷で証人の話を聞き、その信用性を判断する場面が出てきます。そのときには、たとえば「被害者として出てきているから嘘をつくはずがない」などという思い込みを持つことなく、証言が信用できるかどうかをきちんと吟味する必要があります。

« 過去のコラム
Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.