┣弁護実績紹介

事例報告:職務質問の違法性を指摘し,不起訴を獲得した事例

2019-01-31

以前担当した事例について報告します。 続きを読む…

商標法違反事件 本物だと信じていた

2019-01-30

 当事務所の弁護士が担当していた商標法違反の事件で,良い成果がありました。 続きを読む…

強盗致傷等で逮捕 勾留取り消しが認められ釈放

2019-01-25

強盗致傷などの罪で逮捕・勾留された方について,当事務所の弁護士が弁護人として活動し,今週,弁護士が請求した勾留の取り消しが認められ釈放されました。
刑事事件を犯したとして逮捕された場合,さらに勾留という最大20日間の身体拘束を受けて取調べなどの捜査を受ける可能性があります。
今回の件でも,逮捕後,さらに20日間の勾留が認められて捜査を受けることになっていました。 続きを読む…

窃盗を繰り返してしまった方 確定前余罪の不起訴事例

2019-01-23

 当事務所の弁護士が担当していた窃盗の再犯事件で,不起訴処分を獲得しました。 事案は,万引きを繰り返してしまっている事例でした。 続きを読む…

強盗致傷で不起訴

2019-01-11

弊所の弁護士が担当した強盗致傷事件において、依頼者の方が不起訴処分となりました。 続きを読む…

執行猶予と求刑の関係

2018-12-12

弊所の弁護士が担当した業務上横領事件において、懲役1年6月執行猶予3年という判決が下されました。この事件では、検察官は懲役2年という求刑でした。 続きを読む…

争う事件での保釈

2018-10-30

先日、久保弁護士が担当している否認事件で、保釈が認められました。 続きを読む…

強盗致傷 裁判員裁判事件の事例紹介

2018-07-23

 当事務所の弁護士が担当していた強盗致傷事件が,懲役4年(検察官の求刑7年,弁護人の量刑意見懲役3年執行猶予5年)の判決となりました。 続きを読む…

控訴審 万引きでの再度の執行猶予獲得事例

2018-07-04

 先日、当事務所の山本弁護士が取り扱った事件で、再度の執行猶予の判決を獲得したのでご紹介します。 続きを読む…

詐欺行為を疑われ無実の罪で逮捕 早期釈放の弁護活動

2018-03-28

犯罪を行ったと疑われ無実の罪で逮捕された。当事務所ではこうした冤罪事件について多くのご依頼を受け,間違って処罰されることのないよう,早期に釈放されて元の生活の戻れるよう様々な弁護活動を行ってきました。 続きを読む…

« 過去のコラム
Copyright(c) 2018 東京ディフェンダー法律事務所 All Rights Reserved.